レポート

【研究レポート】新型コロナウイルス流行が生活習慣病患者の受診行動に与える影響について

当社(日本システム技術株式会社 以下、JAST)では、独自に保有している匿名化済の診療報酬明細書(以下、レセプト)データを中心とした医療関連データを基に、調査を行った結果について紹介します。前回のレポート「新型コロナウイルス流行前後での受診行動と医療費の変化について」で

ウェビナー

22年度版 iBss勉強会 -被扶養者資格調査のWeb化実現に向けて- ご案内

全国の健康保険組合様や共済組合様におかれましては、いよいよ被扶養者資格調査業務(検認業務)が開始されようとしております。弊社では、2017年度より、Webシステムにて調査を行う、「iBss被扶養者資格調査(検認)システム」をご提案しておりますが、多くの保険者様においては、Web

お知らせ

協会けんぽ富山支部様の取り組み内容が「PHARMACY NEWSBREAK」誌に掲載されました。

  日本システム技術株式会社ヘルスケアイノベーション事業部(以下当社)は、2021年度に全国健康保険協会(協会けんぽ)富山支部様による、ポリファーマシー(※1)への介入方法の標準化を目指して行った委託事業「地域特有のポリファーマシーの把握を目的とした保険薬局への調査業務委託」を

ウェビナー

iBssセミナー2022 最新版被扶養者資格調査業務(検認)システムのご紹介! 

いよいよ2022年度を迎え、弊社iBssシステムもバージョンアップを予定しております。そこで、「最新版!被扶養者資格調査業務(検認)に関するシステムのご紹介」として、どなたでもご参加いただける無料ウェビナーを開催することとなりましたので、お知らせいたします。長年培った検

お知らせ

埼玉県「県西地区事務研究会」にて保険者機能強化に向けた医療費適正化と業務改善について講演をさせて頂きました。

  2022年3月11日(金)に埼玉県の県西地区事務研究会様にて講演する機会を頂きました。本会では、9保険者17名にご参加頂き、当社が経験した分析や各種通知の事例を基に、ジェネリック医薬品使用状況(地域、保険者、薬効毎の傾向)、適正受診傾向(重複服薬、多剤処方、重複受診

お知らせ

「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました

  当社は、2022年3月9日付で「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に認定されました。  「健康経営優良法人認定制度」は、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。「健康経営優良法人2022」

ウェビナー

共済組合様向け無料Webセミナー第二弾!オンライン再審査にも対応済み!レセプト点検をはじめとした医療費適正化サービスのご紹介

令和4年度中の切り替えを求められているレセプト点検の「再審査請求方式のオンライン化」について、弊社のサポート体制と、オンラインへの切り替えメリットなどについてご紹介! またお預かりしたデータを軸にした、データヘルスに関わる分析や通知業務のご紹介もいたします。昨年10月の

レポート

【技術情報レポート】RPA技術を駆使したレセプト再審査請求業務の自動化

2018年6月に「働き方改革関連法案」が成立するなど、日本では長時間労働を改善しようとする動きが強まっています。一方で2025年には国民の4人に1人が後期高齢者という超高齢化社会を迎えると言われており、生産労働人口の減少という問題を抱えています。そのため、保険者業務における生産

お知らせ

健康保険組合様向けトライアル募集のお知らせ。「デジタルコーチングサービス」

弊社では、健康保険組合様向け(取引実績のあるお客様限定にて)にトライアルの募集を期間限定で実施いたします。  健康保険組合様において、特定保健指導対象者や重症化予備軍の加入者に対する保健事業施策として、「持続型血糖測定器」にて取得したバイタルデータを基にした、自動メッセージ配信