ウェビナー

【健保向けウェビナー】Web検認ウェビナー第一弾 被扶養者資格調査システムのご紹介

  2020年に入り、既に6回以上の開催を実施し、累計170保険者(健康保険組合)の皆様にご参加いただきました、「被扶養者資格調査(検認)ウェビナー」を、公表につきまして再度開催いたします。今回は、保険者の皆様も非常に気にされております、中間サーバー連携の今後の

お知らせ

2020年度年末年始ご挨拶ノベルティが届きました。

 2020年も師走を迎え、気が付けばあと数日で2020年が終わりを迎えます。本年におきましては、過去にはない、異例な年末をお過ごしの事と思います。 弊社も例年のような忘年会などの会食を伴う場面は会社として制限を設けておりますし、訪問による活動も一部お客様のご意向を踏まえ

共同研究/開発

慶應義塾大学および理化学研究所との新型コロナウイルスに関する共同研究開始のお知らせ

当社は、慶應義塾大学および理化学研究所との間において、新型コロナウイルスにおける重症化予測モデル開発に関する共同研究を開始したことを、下記のとおりお知らせいたします。IRリリースレター■背景SARS-CoV-2 により引き起こされた新型コロナウイルス「COVID

共同研究/開発

「生活習慣改善支援装置及びその方法」特許出願及びパイロット運用開始のお知らせ

 当社は、前年度より国立大学法人京都工芸繊維大学(学長 森迫清貴)と共同研究「運送業における医療情報を基にした重症化発症モデルの構築に関する研究」(以下、「共同研究」という。)を進めてまいりました。 今般、共同研究の成果である「生活習慣改善支援装置及びその方法」(以下、

共同研究/開発

京都工芸繊維大学とSGホールディングスグループ健康保険組合との人工知能(AI)技術を活用した産学共同研究開始に関するお知らせ

 当社は、国立大学法人京都工芸繊維大学 情報工学・人間科学系 岡夏樹教授と荒木雅弘准教授の研究グループとの間において、当社が蓄積しているSGホールディングスグループ健康保険組合のレセプト及び健康診断データにて、人工知能(AI)技術を用いた「運送業における医療情報を基にした重症

業務提携

生命保険・損害保険企業向けビジネスに関する業務提携のお知らせ

 日本システム技術株式会社では、株式会社アジャスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:横溝宏昌、以下、「アジャスト」という。)との間において、医療ビッグデータ事業分野に関する業務提携契約を締結し、両社のノウハウや技術を活かし、生命保険・損害保険企業(以下、「生損保企業」という

リリース

医療ビックデータ事業「JMICS」における点検事業会社向けクラウドサービス開始のお知らせ

 当社は、平成 25 年 10 月より、コンピュータシステムを駆使して自社開発した診療報酬明細書(以下「レセプト」という。)の自動点検・分析システム(以下「JMICS」という。)を核としたサービスを、複数の点検事業会社にクラウドシステムとして開放し、これら点検事業会社と協業して