保健事業の実行に必要な情報として、集計分析ではなくその先にある対象者リスト抽出をシステムで実現します。

「iBss分析帳票」は、事業実行に必要な情報として、
集計分析ではなくその先にある対象者リスト抽出を
システムで実現します。

「iBss分析帳票」は、レセプトデータ及び健診データを格納するクラウドデータベースを保険者様ごとに利用していただく、クラウドサービスです。

保健事業検討や保険給付適正化につながる分析環境をiBss-VPNシステムにて構築します。例えば、保険給付適正化事業として、「時間外加算分析対象者リスト」及び「第三者行為求償疑い者リスト」を、保険者様の条件設定値でシステムに設定します。システム構築と設定が完了すれば、あとは保険者様で定期的に出力が可能となり、保健事業実行施策として、随時および定期的に対象者フォローが実現でき、医療給付の適正化活動に役立てていただく事ができます。

その他利用保険者様の事例としては、CKD分析及びハイリスク者フローチャート分析等を月次で帳票出力が可能な仕組みにするなど、データヘルスにて計画された保健事業に合わせて、帳票を設定いただけます。

「iBss-VPN 分析帳票」に関する資料請求はこちら