システム自動点検と、熟練の点検者のよる目視点検による、最新型ハイブリット式レセプト点検サービス。

「JMICS」を利用した
全国の共済組合様向けレセプト点検サービス

弊社システムはコンピュータによる自動点検と効果的な人的点検を組み合わせることにより、従来の人に依存したレセプト点検と比べ、「高速」「網羅的」「高精度」なレセプト点検を実現しています。
弊社の日々の運用において蓄積された点検結果・ノウハウに加え、保険者様、弊社システムを利用する点検事業者の点検結果・ノウハウを反映することで、膨大なノウハウを結集した類を見ない日本最高峰の点検エンジンを実現しており、この弊社システムの活用は、点検成果の向上に不可欠と考えます。

なお、保険者様の要求仕様に応じて、「現地持ち込み型点検」「データ受領型点検」をご選択いただく事が可能です。審査機関側のシステムへの登録まで、一貫したサービスにてご提案いたします。加えて、弊社の強みとしては、レセプトデータ分析を納品に加えることで多くの自治体保険者様にてご満足をいただいてきました。単なる点検作業だけではなく、その後の事業に有効になる作業を付加価値とすることで、ご満足をいただいております。

「レセプト点検サービス」の詳細はこちら

 

「ジェネリック通知」「重複頻回受診者抽出是正通知」「 医薬品重複投与者抽出是正通知」「受診勧奨通知発送」

抽出~通知~効果分析まで
医療費適正化/保健事業「通知サービス」

保険者様ごとに独自のデータベース環境を構築し、対傷病名や医薬品、診療行為、検査等のマスタを突合させ、データベースは常に最新の状態を維持します。未コード化傷病名の標準化と傷病名の突合判断を行うことでレセプトデータからより患者個人ごとの適切な医療費分析・医薬品処方を把握することができ、通知サービス実施にあたり最も効果の生まれやすい、的確な対象者抽出を実現します。そのため、自治体保険者様専用のデータベースを構築し、サービスを実施いたします。象者抽出から通知作業、効果分析作業までの一貫したサービスを実現いたします。

 ・ジェネリック差額通知サービス(コールセンターサービス含む)

 ・重複頻回受診者抽出/是正通知サービス

 ・医薬品重複投与者抽出/是正通知サービス

 ・受診勧奨通知サービス(電話勧奨サービス含む)

 

「通知サービス」の詳細はこちら

 

また近年では弊社では自治体様における行動経済学(ナッジ)を活用した特定健診の受診勧奨通知事業をアカデミアとの共同研究にてご提案を実施しています。対象者を年齢と年収等、複数軸から複数セグメントを作成し、通知物を各セグメントでランダムに通知し、それぞれの効果測定を行う事業デザインです。

近年、厚生労働省からもナッジを活用した効果的な保健事業が提言されています。ナッジとは、直感的、感情的に、人の判断を誘導する仕組みです。人の判断は、脳内にある2つのシステムから決定され、日常生活の大半は直感・感情的に物事の必要性が判断されています。すなわち、通知物は直感的に理解しやすいことが重要です。
弊社では研究部門にてナッジの研究を行っており、既に他自治体の通知業務にてナッジを活用した通知書の発行実績もあります。貴市よりご興味をいただける場合は、本件業務においても活用可能です。

 ・行動経済学(ナッジ)を活用した受診勧奨通知

 

事業効果の「最大化」を常に意識した
医療費適正化通知サービス

通知書の作成にあたり、データ分析から適切な対象者を抽出し効果的な通知を実施することにより、全国の自治体様にご利用いただいております。また要望に応じて、実施効果の分析も可能です。

「レセプト/健診データ分析」「データヘルス支援」「対象者抽出サービス」「GIS(地理情報)分析」等

PDCAサイクルの実践
オーダーメイド型「分析サービス」

弊社では定期的に自社で所有する傷病名や薬剤、診療行為、検査等のマスタを突合させることで、データベースは常に最新の状態を維持いたします。未コード化傷病名の標準化と傷病名の突合判断を行うことで、適切な医療費分析が可能となります。

データ分析を単なる「作業」で終わらせない為にも、効率的で効果的なデータ分析を行う必要があります。分析実施前に自治体保険者様のニーズや意向を入念にヒアリングさせていただき、「目的を明確にする事」「事前に結果を予測する事」を重視して分析作業を実施いたします。

 ・データヘルス中間評価/計画策定支援

 ・各種保健事業効果分析

 ・GIS(地図分析)地域別医療費分析

 

「分析サービス」の詳細はこちら

 

 

地域特性や、保健事業課題に応じた個別ニーズに対応。
専用データベースを構築し、「オーダーメイド型の分析」を実現。

最先端技術を活用し目的に合わせたオーダーメイドの分析を実施します。また、融通の利かない金太郎あめ方式の分析ではなくコンソーシアムのご要望に対応します。

「自動点検」「分析帳票」「加入者向けポータル」「検認」「任意給付(インフルエンザ補助)」「医療費通知」

保険者業務支援システム「iBss」
を活用したサービスの拡大

2020年に「iBss」は健康保険組合様向けの総合パッケージシステムとしてリリースしていますが、健康保険組合様だけではなく、共済組合様も含めた、現役世代を見守る被用者保険を対象としたシステムとなっており、保険者業務全般をクラウドシステムで共済組合様の業務も、全面的にバックアップいたします。

システムの構成は、セキュアな環境下での業務処理を必要とする「iBss-VPN」と、加入者向けのサービスシステムとして、外部インターネットを通じて、保険者様とのコミュニケーションを実現する「iBss-We」と、大きく二つのソリューションをご用意しております。今後、Webでの電子申請化や、業務のワークフローシステム化などもこのソリューションにて実現を予定しております。

 

「iBssシステムサービス」の詳細説明