中間サーバーデータの「見える化」を実現。
検認業務への有効活用が可能に。

多くの保険者様は、ネットワークシステムを用いて、中間サーバーの情報を有効活用することが推奨されています。今後、将来的にさらに情報連携は拡大し、進化していくものと思われます。

しかし多くの保険者様においては、「使いこなせない」「個人情報の取り扱いの為、業務負荷が想定される」等の課題が多く、その活用はなかなか普及していないのが現状です。そこで取得可能データをすべてデータベースに一元管理を行い、保険者業務である被扶養者資格調査時の情報として中間サーバーから取得したデータ見える化を実現します。

 

システム導入のメリット

☑ 中間サーバーの情報を有効活用し、作業の効率化が実現。
☑ 中間サーバーの情報をデータベースに集約。セキュアな環境でデータ管理を実現。
☑ Web検認に引継ぎ、今まで以上に扶養調査の適正判定処理を実現。
☑ 毎年の中間サーバーの仕様変更に柔軟に対応。維持メンテナンスが容易に。

 

 

 

「iBss-VPN 中間サーバー連携」の資料請求はこちら

 

 

中間サーバー連携に関するウェビナーは現在開催しておりませんが、随時イベント検討中ですので、今しばらくお待ちください!