更なる適正化効果を生み出すジェネリック差額通知サービス

単なる「ジェネリック差額通知」ではありません。
効果測定までを含んだ、事業検証が可能な
PDCAを実践するサービスです。

弊社のジェネリック医薬品使用促進通知サービスでは、標準サービスとして、「プランニング」「通知の実施」「効果測定」「結果報告」まで一連の業務を実施いたします。通知物は、保険者様のニーズに合わせて、通知対象者にとってわかりやすく丁寧な工夫を加えることで、対象者に対してジェネリック医薬品の認識を深め、通知効果の最大化を図ります。通知実施後は正確な効果分析をご提供することで、通知事業としての明確な評価を示しますので、次回事業検討の為の礎を築きます。

 

 

<封書タイプ通知のサンプル>

 

「通知サービス」に関する資料請求はこちら」

 

 

保険者様のご意見を反映したオーダーメイドでの通知制作を実現。

多剤・重複服薬・飲み合わせ(併用注意・併用禁忌)
の組み合わせから、ニーズに応じた対象者を抽出します。

通知対象者の抽出にあたっては、医科・調剤レセプトの分析を様々な条件の組み合わせにより抽出いたします。弊社の事業経験に基づいた最適な条件をご提示していますが、基本的に条件に関しては、保険者様の事業方針などのご意見をもとに様々な組み合わせを行うことが可能です。

①重複服薬

異なる医療機関(薬局)から成分重複・薬効重複されている医療用医薬品が処方されていることを指します。

②多剤併用

エビデンスとしては6種類以上から有害事象が増加すると報告されています。保健事業では10種類~15種類を事業対象する事例が多いです。

③併用禁忌(併用注意)

医薬品にはお薬同士の飲み合わせが悪いものがあります。併用禁忌・併用注意等の情報は医療用医薬品の添付文書に記載されている他、PMDA等でも公開されています。

 

「通知サービス」に関する資料請求はこちら」

 

各種データを突合し、対象者へ受診を促す効果的な通知書を作成します。

GIS(地理情報分析)技術や行動経済学をフル活用した
通知サービス「未来型受診勧奨事業」のご提案。

様々なデータの突合結果から、保険者様のご要望を踏まえた分析作業を実施し対象者抽出を行います。また医療機関の受診履歴はあるが健診を受けていない方、受診勧奨規定値は超えていないが予備軍と言われる注意対象の方、健診は受けているがその後の医療機関での治療を受けていない方、などの情報を分析に加え、対象者の分類分けを実施。通知対象者の状況に合わせたコメントを通知書に記載することで受診率アップを実現します。早期にリスクを伝えて受診を促すことで、対象者の健康維持とともに将来の医療費抑制をご支援します。

また、GISによる分析のデータを活用し、通知対象者に適した医療機関の掲載を行うことで、より効果的な通知サービスにすることも可能です。加えて、弊社にて共同研究を行った成果である、行動経済学的手法(ナッジ理論)を活用した受診勧奨通知も、大変好評をいただいております。

 

 

「通知サービス」に関する資料請求はこちら」