ウェビナー

【無料Webセミナー開催!】 iBss-Web検認システム ウェビナー2021夏

新型コロナウィルスの感染症拡大に伴い、保険者の皆様方におかれましても、様々な課題が新たに顕在化しているかと思います。健康保険組合様ならびに共済組合様といった被用者保険の保険者様におかれましては、毎年恒例の資格適正化業務の一大イベントである、検認業務が既に多くの保険者様で開始され

共同研究/開発

【共同研究中間報告】慶應義塾大学、理化学研究所との新型コロナウイルスに関する共同研究ついて

  弊社と医療ビッグデータを活用した産学共同研究を実施している慶應義塾大学経済学部 星野崇宏教授、理化学研究との共同研究の中間報告についてご報告させていただきます。■研究テーマ『診療報酬データや健診データ等を利用して、機械学習により数分で新型コロナウイル

共同研究/開発

新型コロナウイルス情報ダッシュボード共同開発開始のお知らせ

 当社は、公益財団法人 佐々木研究所附属 杏雲堂病院院長 相馬正義氏および株式会社データフォーシーズ(本社:東京都港区)との間において、新型コロナウイルス感染防止対策に資する感染リスク情報を配信するダッシュボードの共同開発を開始したことを、下記のとおりお知らせいたします。

ウェビナー

【健保向けウェビナー】Web検認ウェビナー第一弾 被扶養者資格調査システムのご紹介

  2020年に入り、既に6回以上の開催を実施し、累計170保険者(健康保険組合)の皆様にご参加いただきました、「被扶養者資格調査(検認)ウェビナー」を、公表につきまして再度開催いたします。今回は、保険者の皆様も非常に気にされております、中間サーバー連携の今後の

お知らせ

2020年度年末年始ご挨拶ノベルティが届きました。

 2020年も師走を迎え、気が付けばあと数日で2020年が終わりを迎えます。本年におきましては、過去にはない、異例な年末をお過ごしの事と思います。 弊社も例年のような忘年会などの会食を伴う場面は会社として制限を設けておりますし、訪問による活動も一部お客様のご意向を踏まえ

共同研究/開発

慶應義塾大学および理化学研究所との新型コロナウイルスに関する共同研究開始のお知らせ

当社は、慶應義塾大学および理化学研究所との間において、新型コロナウイルスにおける重症化予測モデル開発に関する共同研究を開始したことを、下記のとおりお知らせいたします。IRリリースレター■背景SARS-CoV-2 により引き起こされた新型コロナウイルス「COVID

共同研究/開発

「生活習慣改善支援装置及びその方法」特許出願及びパイロット運用開始のお知らせ

 当社は、前年度より国立大学法人京都工芸繊維大学(学長 森迫清貴)と共同研究「運送業における医療情報を基にした重症化発症モデルの構築に関する研究」(以下、「共同研究」という。)を進めてまいりました。 今般、共同研究の成果である「生活習慣改善支援装置及びその方法」(以下、